宮城県仙台市にある移動式クレーン(オペレータ付)リース業・重量物・機器設置工事業を展開する新港機工株式会社です。

新着情報一覧

働き方改革にともなう我業界が抱えるジレンマ

 2024年から建設業でも労働基準法に伴う時間外労度の上限規制が施行される。法令に沿った形で仕事をするとなるとクレーン建設業の最大の問題は現場作業時間以外に発生する移動式クレーン者の回送時間(残業増)をどうするかである。クレーン(大型車両)の通行には道路法に基づく特殊車輛(特車)通行許可が必要で、一定規模を超える大型車両は通行時間が午後9時~午前6時に制限される(ラフタークレーン車では25tを超えるもの)。例えば、通行時間制限を考えると、午前6時までに現場に到着し、始業時間まで待機する。終業後も現場で午後9時まで待機してから、会社に戻らなくてはならない。時間外労働には移動時間のほかに、待機時間もプラスしなければならないといった労働法と特車許可との両立が困難な問題である。・・・・・・・・・・・・・・・・悩ましい。


クレーンオペレーター募集中!
お問い合わせ
ご安全に!!

(C) 2012 新港機工株式会社 All Rights Reserved.